ダブルロックは心強い!

ダルブロックが侵入されにくい理由

賃貸物件を利用するときに防犯を重視するなら鍵がどうなっているかのチェックが必要です。物件情報にも書かれているときがありますが、記載がないときでも現地で確認しておくと良いでしょう。このとき玄関部分に鍵穴が2つあるダブルロックを見かけるかもしれませんが、ワンロックに比べると防犯性が高いと言えます。同じ鍵が2つついているだけなのになぜ侵入されにくいかですが、侵入犯は侵入に時間がかかりそうな家を狙わないからです。2つついていればいくら同じ鍵でも同じ作業を2回しなければならず1つの鍵の家の2倍かかるでしょう。下見の段階でダブルロックの物件だからと避けられる可能性が高くなり安全性は高まります。2つの鍵が違うタイプもありそちらならより安全といえるでしょう。

安全かつ面倒でない物件を探す

賃貸選びにおいて防犯性が高いかどうかは重要なポイントで、ダブルロックは最低条件と言えるくらい大事な設備と言えます。ダブルロックにもいくつかの種類があり、それぞれの鍵穴が別のタイプは防犯性としては高いでしょう。ただ鍵穴が異なるとそれぞれの鍵が必要になり常に鍵を2つ持たなければならず住み始めると面倒に感じるときもあります。比較的多いのはそれぞれの鍵穴が同じタイプでこちらなら鍵は一つで済ませられます。その他一般的な鍵とカードを組み合わせるタイプや暗証番号と組み合わせるタイプなどもあります。カードだと鍵とカードを持つ手間はありますが鍵の仕組みが異なるので防犯性が高いです。暗証番号と鍵なら鍵は一つだけ持っておくだけなので面倒さがありません。